ノーベル賞の面白いエピソード、教えます|ノーベル賞速報2017.com

 


トップページ > コラム > ノーベル賞の面白いエピソード、教えます

ノーベル賞の面白いエピソード、教えます


ノーベル賞のおもしろエピソード?

ノーベル賞って、毎年聞くけどなんだか難しそう・・・
そんな風に少し敷居が高いなと思っている人はいませんか?
しかし!ノーベル賞も人間ドラマです。勘違いと偶然による面白い話もあります。
それでは、詳しくみていきましょう。

ノーベル賞の面白いエピソード、教えます

まず、誤報について。ノーベル賞の受賞連絡が誤報だった、ということがあります。
1989年のノーベル医学生理学賞は、アメリカのマイケル・ビショップ氏が受賞しました。
しかし、受賞の受話器を握ったのは別のビショップ氏でした。しかも、本当の受賞者と同じ研究をしていたために、本当に自分が受賞したのだと勘違いしたそうです。
また、がん細胞は寄生虫が原因であるという現代では信じられないような研究成果で受賞した人もいます。ノーベル賞も所詮は人間が選ぶので、こういった間違いもあるのですね。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

 

 
 


ページのトップへ