ノーベル賞って凄いの?凄さ・難易度について|ノーベル賞速報2018.com

 


トップページ > コラム > ノーベル賞って凄いの?凄さ・難易度について

ノーベル賞って凄いの?凄さ・難易度について


ノーベル賞って凄いの?凄さ・難易度について

ひとくちに「ノーベル賞」と言っても、どれくらいすごいのでしょうか。そのすごさ、難易度について知りたくはありませんか?
まず、その凄さについて。ノーベル賞は賞の中の賞と言われていて、言うまでもなく世界で一番の「賞」と言われています。
例えるならオリンピックのようなものです。世界にはさまざまなスポーツの祭典がありますが、オリンピックがその頂上にあるという意味で、ノーベル賞は一番なのです。
難易度はもちろん、世界でも一番の難しさと言えるでしょう。では、そのすごさをもう少し詳しくみていきましょう。

賞金で見るノーベル賞のすごさ

ノーベル賞の賞金は、800万クローナです。日本円にすると約1億円です。1億円を拠出できる賞は他にはありません。
また、一年に一度しか受賞できません。更に言えば、受賞は3人までです。この希少さがノーベル賞の地位を高めています。
世界の研究者の中には、この賞金を目指して研究をしている人もいると聞きます。また、特にノーベル平和賞では熾烈なロビー活動があります。
このように、世界中の人々が虎視眈々と狙っているのがノーベル賞です。学問のオリンピックと言っても良いのかもしれません。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

 

 
 


ページのトップへ