名古屋大学とノーベル賞の関係|ノーベル賞速報2018.com

 


トップページ > コラム > 名古屋大学とノーベル賞の関係

名古屋大学とノーベル賞の関係


なぜ、名古屋大学なのか

名古屋大学は、東京大学、京都大学に次いで日本で三番目にノーベル賞受賞者を輩出している大学です。
近畿圏ではかなり有名な大学ですが、関東などほかの地方ではあまり名前を聞きません。
しかし、ノーベル賞受賞者を三人、関係のある受賞者を含めればその数は六人に達します。
なぜ、名古屋大学はノーベル賞受賞者の「穴場」となっているのでしょうか?

名古屋大学とノーベル賞の関係

小林誠さん、益川敏栄さん、赤崎勇さん、天野浩さん、下村脩さん、中村修二さんがノーベル賞を受賞した名古屋大学の関係者です。
ノーベル賞を受賞するような科学的発見には自由な学問の意見交換の場が必要だと言われていますが、名古屋大学はそうした自由闊達な雰囲気のある大学だと知られています。
また、若手の意見を積極的に取り入れる工夫、学問に詳しい人が集まり、そこに魅力のある人材が集まるという好循環が生まれている大学であるともいえます。
こうした「研究者重視」の傾向がある名古屋大学に、優秀な人材が集まり、ノーベル賞級の発見が生まれているようです。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

 

 
 


ページのトップへ