低学歴でもノーベル賞はとれるか?|ノーベル賞速報2018.com

 


トップページ > コラム > 低学歴でもノーベル賞はとれるか?

低学歴でもノーベル賞はとれるか?


低学歴でもノーベル賞はとれるか?

低学歴でもノーベル賞はとれます。なんといってもアイシュタインがそうでした。
アインシュタインは大学試験にも落ちていますし、学校を中退、卒業試験も落ちるなど、学校の勉強はさほどできなかったと言います。
2000年のノーベル化学賞を受賞した白川秀樹筑波大学教授も、大学受験を三浪しています。
1946年のノーベル文学賞を受賞したヘルマン・ヘッセも神学校を退学しています。
このように、学校の勉強ができることが必ずしもノーベル賞と結びついているわけではありません。

ノーベル賞の条件、環境

1974年に「非核三原則」でノーベル平和賞を受賞した佐藤栄作元首相は10人兄弟、
1913年にノーベル文学賞を受賞したインド人作家のタゴールは15人兄弟でした。
兄弟の多さがノーベル賞の条件や環境になってると言えるかもしれません。
また、どのような人もその道をずっと続けて、観察眼を養っていたという人たちが多いように見えます。
偶然何かを発見した、という科学系の受賞成果は、その道を長年続けてきた人にした得られない偶然を勝ち取る可能性を高めるようです。一つの道に励むことが、ノーベル賞の条件なのかもしれません。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

 

 
 


ページのトップへ